外資系の日本支社からの脱出を目指している純ジャパリーマン。

グローバル人材に憧れていたらそろそろアラサーが見えてきました。。。

モテると次は金、そして、名誉と続く

 

最近の悩みはモテではなく、お金、さらに言えば、歳をとってからの名誉です。

 

デートの予定が埋まらなくてナンパするような日々は終わり、基本的に自分がデートしたいときにデートを入れられるようになりました。お金をかけるだけでなく、心のつながりでしかHができないこともよくわかりました。

 

特に、港区女子のようにハイスペとHしたい子ばかりではないことも当たり前ですけれども、気づけました。さて、そういった中で、年収のほうは徐々に上がっていくので不安はないのですが、2000万円の壁をどうやって破るかの種まきをしていかなければと思っています。今年ぶっちゃけると、残業代込みで1000万円の壁を社会人4年目にして突き破ることができました。(住宅手当とかも入っているから年収よりも多くなりましたw)

 

でも、貯金額が数百万円できたぐらいで、全然生活レベルが上がった感じがしません。

 

かたや、知り合いの友達は超有名女優と付き合って、2000万円の壁も超えています。なんなんですかねw

 

この差は

 

バイリンガルで頭も良くてお金もあって女優と付き合ってって

まじでどんな得積んだらそのレベルにいけるのか謎です。

 

が、ここで諦めません。

 

30歳までに必ず、残り3年で、必ずそのクラスまで登ります。

 

今日も筋トレ、英会話、読書します。こうした努力が報われますように。

 

 

外資系コンサルティングファームのアソシエイト/コンサルタントが読了している必須書籍5冊

 

 

どうもJustineです。

 

長らくコンサル関係の記事をアップしていなかったのですが、コンサル界隈で読了していないとちょっと厳しいレベルの書籍を15冊アップデートします。

 

ここ1年は、10人ちょっとのグループで読書会ちっくなことをしていました。メンバーは外資投資銀行(IBD部門)、外資コンサルティングファーム外資系PEファンド、外資系テック、外資系メーカー、電通、総合商社、公認会計士(FAS系勤務)、起業って感じです。中途とかもいるので、過去にいた業界を合わせるともう少し幅が広がりますが、現職の内容だとこんな感じです。

 

もともとは飲み仲間だったのを適宜つないで、ゆるいお勉強会グループをつくりました。それぞれが役に立っている、および、スタンダードな知識として必須な書籍をあげてもらい、それを数ヶ月の期間を設定します。読んでいない人は読み、要約のPPTをつくって共有し、それに対して業界人がフィードバックをするセッション形式です。

 

はじめは5人でスタートしたのですが、今となっては13人にも増えましたw

男女比がゆがんでいるので、美人な女子大生か若手女子はコメントしてください(笑)確実にハイスペイケメンとマッチングできますw

 

なので、この1年間で僕が読了した書籍を紹介します。やっぱり読書量が多かったのは、某PEファンド(元MBBコンサル勤務)の方と某コンサルに新卒から勤務してアソにまでPromotionしている方でした。基本Kindleを二冊持っているみたいで、寝室用と移動用、で、隙間時間にちょくちょく読んでいくみたい。おすすめはWhite paperの一択でした。

 

 

 

 

それゆえ、今回はコンサル界隈で必須の書籍です。

(次回要望が多ければ、マーケティングファイナンス、アカウンティング、デジタルあたりの書籍紹介記事を書きます)

 

まず、多かったのが以下の二冊。広く確実に知識を体系化するために使い勝手がいいみたいです。

 

で、マッキンゼー組から人気の高い波頭さんシリーズw

学者ちっくな方で、文体も固いがMECEに美しく体系化されています。

経営戦略概論―戦略理論の潮流と体系

経営戦略概論―戦略理論の潮流と体系

 

 

あとは、経営学の中でも有名どころの書籍が多めです。が、必須なのは以下の2冊。

イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard Business School Press)

イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard Business School Press)

 

 

 

 

 

 おまけ:名著だけど、まだみんな読了できていない書籍w

これ重すぎて、なかなかすすんでいませんが、2020年までには読みきるとみんなコミットして頑張ってます(笑)

競争の戦略

競争の戦略

 

 

って感じで、2019年も頑張ります!!!

オナ禁すると睡眠時間が短くてもいける

 

オナ金すると、睡眠時間が短くても身体がモツのは気のせいなんだろうか。

 

体験値として、睡眠時間が2時間ぐらい短くても成り立つ。ロングスリーパーな自分にとっては、これは画期的である。無駄なシコシコやエロ動画視聴時間を勉強時間に充てることができるからだ。

 

去年の夏もオナ金を記録してた。7月は夢精を含めて2回程度で乗り切ったはず。男はコミットすることで強くなる。

 

約束をそもそもせずにはぐらかす男は、決断力がないから成功しない。一度決めたら、ある程度のとこまではこだわって徹底的に追い込むのがグローバルスタンダード。

 

この2月のコミットメントはオナニー時間の撲滅とアポの頻度の増加にしようと思う。

 

 

今年も夏に向けて肉体改造と英語をシコシコやっていこうと思う。なんだかんだ4年目に突入だ。

 

金融日記には感謝しかないな。

 

 

さすがに国際交流のノリで英語を学ぶモチべーションが消えた

 

ぶっちゃけ2年前は英語を学ぶ際のモチベーションとして、「若気のノリ」が効果的だった。

 

20代前半は国際交流いえーい!

パーティーいえーい!

金髪外人女性いえーい!

hey what are you up to?

Dudu, I am good, man!

 

最近同じモチーベーションで英語を学べなくなってきている。

 

単語が英語力の上達のキモなので、単語帳をやっているが、モチベが難しい。

会社でも簡単な会議なら英語で処理できるし、1対1なら英語で意思疎通できるし、そもそも仕事の範囲が見えているので、あんまり困らない。強いて言えば、英語のレポートでの表現方法をどうするかぐらいか。

 

でも、でも、でも

もっともっと英語が上手に話せたらいいなぁって思うことがいっぱいある。

 

このTOEIC900点以降の英語勉強方法に関しては工夫が必要な気がしている。TOEFL100がグローバルスタンダードなわけだから、ここで止まるわけにはいかない。気合い入れてやれ。TIMEでもEconomistでも購読して音読しろ!!!

 

自分、甘えてました。欲しがりません、グローバルαになるまでは。

まずはワンゴールを決める

 

「まずはワンゴールを決める」

 

言い換えれば、「簡単なことを確実にこなす」

あるいは、「小さな成功体験を積む」

 

というのは人生における基本中の基本姿勢だ。

 

これは恋愛でも同様だ。昨日久しぶりにヘディングでゴールを決めた。2回目だったので、ちょっと嬉しかった。俗に言う準即ってやつですね。ナンパ界隈ワードをつかうと。

 

最近はパス回しをする恋愛が多く、ゴール前でもフリーになれないもどかしい状況が続いていたので、2019年にまずはヘディングゴールを決めたのは価値があると思う。

 

最近のプレースタイルは基本的にドリブルシュート。要は、よくわかんないメンツとか薄い関係の合コンはほぼなくて、深い交遊関係の延長線上かデイツしかない感じ。

 

 

SEXで嬉しかったのは、最後の方は女性側からもっと求められたこと。スイッチを入れてあげれて良かったと思う。

 

やっぱり20代の男はオナニーするぐらいなら、走れ、それか、筋トレしろ。酒飲むぐらいなら、勉強しろ。とにかく場所を変えて、ファンダメンタルバリューを伸ばす行動をしろといいたい。

 

リアルに3年で人生変わるよw

少なくとも、俺がそう。英語、転職、恋愛と一つ一つ壁を乗り越えている。そして、今はボディメイクと株式投資にタネをまいている。

 

まーこう言う記事を読んでくれたメンズは、騙されたと思ってやり続けて欲しいわな。

 

みんなでグローバルαになろうじゃないか。

恋愛マーケットを見てデートをするという意識

 

 

ここ数ヶ月の散財がすごいなぁ。年末年始の飲み会が原因なんですがw

 

人脈的にはモテスパイラルに入ったのは実感できており、Aフェーズにおいてのミスはほぼ0。

 

問題はクロージングの部分だけだ。Cフェーズは解答がないが故に自分なりのストーリー、お店選び、気持ちの上げ方を意識しなければならない。

 

実は2月も某大学の元ミスコン出てた子とのアポが二回ある。

 

いや、今年はまーーーじでSクラスが見えてきたって感じです!!!

 

 

うおおおおおおおおお嬉しいいいいいい

 

 

週末は恋愛工学の復習とミステリーメソッド読み直しておこうと思います😇

 

 

 

 

某女優と付き合っている外銀マンを分析してみる

 

某外銀マーケット部門で、某女優と付き合った男がいる話を聞きました。。。

CMにも出ているので、そこそこ有名というw

 

 

いやー視座が高まりましたねww

 

 

あ、彼はもちろん米国の大学卒です。はいーここでも英語ですね。

 

地方から出てきた芸能人って東京の有名なブランドに弱いんですけど、東京育ちの芸能人ってやっぱり欧米系ブランドに弱いんですよね。

 

顔はそこまでイケメンじゃないです。ゴッツいゴリラ系。まあただグローバルではああいう男性ホルモンムンムンが大事なんでしょう。

 

外国株のセルトレとか外国為替営業とかのシュッとしたアジアン系イケメンではなく、グローバルではゴリラがベストです。

 

Dan Belzerianみたいな男が頂点に君臨する世界なわけです。

 

いやー超えなきゃいけない壁は5枚ぐらいありそうですが、不可能ではないはず。

 

とにかく、稼げるように今は社畜に専念します。