港区女子にモテたい!!

港区女子にモテるべく、日々励んでいます。

大学時代好きだった子が婚約した

 

大学時代に心の底から好きだった子は3人いるんだけれども(一目惚れはもっと多いかな)、そのうちの一人が結婚したことを昨日知った。

 

当時の自分は、特に頑張っていることもなくて、なんとなく飲み会しながら、ゆるく生きていた。彼女は慶応の内部進学の子で、華があるタイプだった。実家がお金持ちなんだけれども、鼻につかないリアルに全てが満たされている子だった。

 

当時忘れもしない、銀座でデートをしたこと。ただ、そのデートが完全に非モテ行為で、あっちは困惑していたと思うw

若干ネタになりかけたデートだったんだけど、告白するにもできなくて、なんかよくわからず終わった。それで、そっから連絡を取るのをやめたんだよな。卒業式で会っても話すことはなかった。もちろん一緒に写真を取ることもなかった。

 

そん時、就活の佳境に入る前で、自分と向き合うことに恐れながらも強がっていた自分だった(というか、結果がでなかった時の言い訳として斜めに/ゆるく構えているアピールをしがちだった)わけだけど、なんていうか、本当住む世界の違いを実感したんだよな。

 

で、当時、望む結果が手に入らなかった時、死ぬほど悔しかった。

 

それは生まれ、お金、地位、男気、品格、頭の良さ、性格、度胸などいろんな意味を含むんだけれども、社会階層が違うと本当の女は落としにくいことを痛感した。

 

そっから何が何でも、それに見合う男になろうと誓って、4年ぐらいが過ぎようとしている。その子と同じぐらい美貌の子とデートはできるし、当時は行けなかったレストランもサクッと会計できるぐらい稼げるようになった。

 

でも、やっぱり、欲しかった過去は変えられない。

 

だからこそ、圧倒的実力を兼ね備えたαになりたいと、今日改めて思った。Victoria Secretのエンジェルズからもキッスされる男になりたい。グローバルに通用するイケメンサラリーマンになりたい。今、2018年だから、残り2年が俺の中での期限。2020年にはこの界隈から去る予定だ。

 

それと同時に、だからこそ今の彼女を大事にしたい。応援してくれる人がいることは、幸せなことだとつくづく思う。

 

他人を本当の意味で助けられる実力のある男になりたい。

 


DROELOE - Many Words (Lyrics / Lyric Video)

凡人サラリーマンの人生観が変わった5冊

 

どうも久しぶりです。

Justinです。

 

凡人サラリーマンだった私も、この春で社会人4年目を迎えます(浪人したので、社会人歴5年目の世代です)。アラサーまで残り数年になりました。会社歴としては、日系メーカー→外資系事業会社と転職をして、2年目を迎えます。

 

去年の春は、人生がようやく変わりそうな緊張感と期待感が入り混じった状況で桜を眺めたのを覚えています。大阪の福島から東京都内の港区に晴れて移動ということで、3月の春分の日に訪れた大阪城がやけに記憶に残っています。(その時についていってくれた通信業界の女の子とは寂しいねってことでパコパコしました)

実は、恋愛工学として藤沢和希先生に出会い、3年目になります。そして、この3年でだいぶ自分の人生観は変わりました。それが良いのか悪いのかは、後ほどわかると思うのですが。

 

ということで、典型的な日系サラリーマンマインドセットだった23歳の夏から少しずつ変わっていった自分を支えてくれた書籍を紹介します。今年27になるわけで、それこそ、恋愛工学を大学とみなすと4年間のカリキュラムを受けたわけです。得られたものと失ったものはそれぞれあるわけですが、まずは書籍を紹介します。

 

 まずは、これ。思い当たる節があれば、行動を改善できる余地があるということです。このテクニックに傾聴するとキモい男になりますが、圧倒的なαを身につけつつ、著作の行動を嫌味なく余裕を持ってできると、徐々に女性からの視線が変わってきます。宮台先生の著作にも書いてあるのですが、変性状態にもっていくために、同化したコミュニケーションを意識するのがポイントです。Sクラスを狙い撃ちするには、また一歩深いコミュニケーションテクニックとポジショニングが全てになるんですが、脱非モテを目指す基本はこの書籍です。

 

  次は、αを目指すにあたって、マクロな状況を理解する一冊。英語は逃げずにやるしかないです。正直、筋トレよりも優先順位高いと思う。毎日DMM英会話やっていないサラリーマンは正直負け組一直線です。

 

これは、元マッキンゼーの瀧本先生の著作。人材価値をどのように高めていくかの解があります。グローバル時代と呼ばれる不安定な時代でもやることは変わらないわけです。

 

U.C.バークレー卒かつハーバード教育大学院卒の森田さんの著作。大学生や若手のサラリーマンが読むといいと思います。例えば、「本当にやりたいことがあるなら、与えられた環境でも結果を出して情熱を示すべき」といった熱いメッセージが並びます。こんなところで20代を終えたくなかった前職時代の時の支えでした。

 

 こちらは、今後5年の人生を考えた時に指針となる一冊。自分の幸福をどのように分配するのか、ポートフォリオを組む際の基本的考え方になります。

 

この春から社会人になられる方、新しい道を歩む方、全ての方に実りがありますように。

 

 

TOEIC900点からの道のり

 

初めて大学で受けた時はTOEIC640点だった。

会社入社時はTOEIC735点だった。

社会人2年目でTOEIC840点だった。

社会人3年目の冬になってようやく、何も対策しなくても、TOEIC900点取れるようになった。

 

メールの70%が英語になり、資料の60%も英語で提出するようになった。会議も40%は英語で行われている。(最近は日本人が多くなって、日本語になった会議も増えつつあるが)

今も1日30分は継続してなんだかんだ英語をやっている。英語の勉強を習慣化するステージは超えた。転職の際に、総合商社でもなく、外資系コンサルでもなく、外資系メーカーを選んだ理由は、英語と日本マーケットナレッジのみで生きていけそうなホワイトポジションがあるからだ。そして、そのポジションは多くの場合、給料と競争率に歪みが生じている。市場でいうアービトラージだ。

 

(だって、34歳で1800万円って悪くないでしょ。40歳のグローバルポジションだと4000万ぐらい。)

 

その果実を目指して、確実に前進してきたが、ここにきて崖を飛び越えるような距離があることに気づいた。

 

そう、英語だ。

 

外資系ワールドでは、俺の英語の戦闘力が低すぎる。議論を整理してリードしたり、カジュアルな立ち話を10分間展開できる英語力は皆無だ。これがTOEIC900点、TOEFLE80点レベルだ。世間でTOEIC900点といえば、まあ英語ができる印象だが、外資系のハイスペワールドは、ここがスタートになる。

 

もっと端的にいえば、俺より入社時期は遅いが、俺より英語ができる女性が二人も同じ部署にいる。つまり、俺ではなく、他人に果実を奪われかねない状況なのだ。ライバルである二人の経歴といえば、1人は高校からアメリカのボーディングスクールMBAをイギリスで取った才女。もう一人は、高校までアメリカ育ちで早稲田SILSを出た明るい女子。いずれも、俺より圧倒的に英語ができる。人事移動は、英語のみでは決まらないが、言語ハンディがあるのはやはり重りを足につけて走っているようなものだ。外資系の会社は基本人件費をコストと捉え、ニーズベースで人材配置を行う。おそらく、このチャンスを逃したら、2~3年は東京だろう。そして、また別のハイスペなメンバーとアジアHQのポジションを争うことになる。

 

 

 俺なりに努力してきているが、まだラップペースが遅いわけだ。

TOEFLEにシフトしているのもそれが理由だ。TOEFLE105程度のMBAクラスで初めて、グローバルポジションが見えてくるという熾烈な戦いだ。

 

ただ、俺は諦めない。

今日もカフェに向かい、ビジネス英語の参考書を開いてディクテーションをした。これからDMM英会話をする。気力がある限り、ストイックに攻め続ける。

 

だから

頼むから、

グローバルエリートの道を閉ざさないでくれ。。。

 

 


[EDM]William Ekh - Sanity - Summer,Progressive House,Tropical,House,EDM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【出会いエンジン】東カレデートが熱い!

 

どーも、Justinです。

最近はもっぱらQOLの向上とアポ時間の短縮化に励んでいます。

 

 

ちょっと結果が出てきたから、アプリの紹介を。

 

「東カレデート」

 

これ、Tinderよりもマッチします。ちなみに、1ヶ月課金して96人とマッチしました(笑)

そのうちライン交換までいったのが、49人w

これだけでアポが年間埋まってしまう(笑)

 

昔はマッチングラウンジという名前でやっていましたが、東京カレンダー*の傘下に入り、体感的にもchasmを超えて盛り上がりつつある出会い系アプリです。

 

*東京アッパー層をターゲットにWebメディアと雑誌を展開している。

tokyo-calendar-date.jp

 

これ値段がまあまあするわけです。

でも、東京のフレッシュなおマンチェスターと出会うには今の所ベストかなぁと。

 

これ、紹介制で入ると1週間無料です。

紹介する側も昔は2人/3ヶ月ぐらいの頻度であったのですが、最近はめっきり減ってしまいました。。。

 

たまに、ハイスペ美女に出会えます。

Tinderのようなグローバル美女はいませんが、東京のSクラスもちらほら。芸能崩れの読モとかは結構いますw

 

 

ということで、お試しあれ。 

 無料の正体コードが欲しい人はTwitterのDMください。枠が余ってたらシェアします!

 

 

 

 

 

 

 

【金融】ド素人が資産運用できるレベルにまで到達する勉強記録(3)

 

 

皆様、明けましておめでとうございます。 Justinです。

 

昨年、仮想通貨を始めてから、金融のことに一層興味をもったので、まずは世界の富豪に関する記事を。やっぱり世界は広いですね。ドメ日本人ですが、いずれ端くれにまで食い込めるよう、頑張っていきたいです。

 

ちなみに、私はこんな大フィーバーの中、100万ちょいしか稼ぎ出せませんでしたw

トホホ。。。ただ、自分の知り合いにも、仮想通貨で1,000万ほど稼いだ人や、株式投資で400万資金を増やした方など、景気の波に乗って20代で稼いでいる同年代は結構いると実感しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

  • 2018年の金融関係の指針 
続きを読む

2017年のKPIレビュー&2018年のKPI

 

最近、日々の生活がグダグダですw

というか、全然仕事のやる気が起きない(笑)

この原因は、仕事量が落ち着いてきたのと、処理速度が上がったからだと思うのですが、一番は"感動"がないから。

 

世間の書籍に目を通せば、「仕事だから我慢して働け」「金もらっている以上、プロフェッシャルとしてやり抜け」「仕事は楽しくなければいけない」等、仕事に対していろいろな見解があります。

個人的にはどれもぶっちゃけ正解かと(笑)

でも、ミレニアム世代な自分は"感動"をうまく組み込める人生にしていきたい。その仕組みづくりに2018年は充てていきたいなぁ、と思っております。「人生中長期計画書を立てろ」と言われたことがあるのですが、確かにマイルストーンがないと人間堕落してしまいますからね。。。

 

ということで、改めて、2017年のKPI達成状況を確認。

2017年のKPIを見ると、以下の4分野の指標が多かったです。そして、主にファンダメンタルバリューの改善に労力と時間を費やしました。

  1. 社会的地位資本・仕事
  2. 知的資本・個人のスキル
  3. 身体資本・健康
  4. 人的関係資本・女の子

では、レビューにいきましょう。

2017年のKPI

  • 英語力(TOEFLE100程度)→不可。だって、まだTOEFLE受けてないですw問題集は買ったので、1月か2月には受けます。おそらく85(=TOEIC950)いけば上出来なんではないか。。。
  • ファイナンシャルリテラシーの向上(=税金/財務/資産運用の書籍を合計で5冊読む)→これはあと税金の書籍を読んだら、達成できる。ふるさと納税や確定申告等、税金対策の知識も多少なりとついた。資産運用の概要と金融商品のスキームも把握完了。あとは、財務諸表から導かれ得るvaluationと株式市場の時価総額の差から、銘柄を選定してホールドすることだけ。株式投資はまだデビューできていません。。。w
  • 残業時間の短縮(=Word/Excel/PPTの速度を上げる書籍を1冊読む, 仕事術に関するhow to書籍を2冊読む)→これは、達成できている。How to 書籍よりも、ビジネスマンとしての基礎本(岩瀬大輔さんの入社1年目の教科書やキム・ムーギーさんの世界のエリートの働き方、等)を読んで、できない部分をメモとり、意識して行動していくことで信頼関係を構築するほうが効果的だった。Excelのショートカットと関数をどう使うかは引き続き、on the jobで意識して反復する。
  • ゴールドジムの継続(=週末は必ず通う)→これも達成した。運動は習慣になった。ただ、筋トレのメニューの質、栄養補給知識はブラッシュアップする必要がある。
  • 健康に気をつかう(=自炊/禁酒の推奨, 健康法の探求)→達成。自炊もだいぶ上達した。たまに夜更かししてしまうが、健康リズムを整える環境整備は達成。
  • 月2のアポ(=最低1回/月で外人狙いの恋愛活動を行う;アポは交友関係を広げる活動も含む)→これはできていない。が、男友達のおかげで、読モや舞台女優界隈と接点を持ち始めた。
  • カフェナンパの開発(=月1でカフェナンパのテクノロジーを開発する)→これもできていない。そもそも、カフェでナンパマインドでいっていないので、たまに声をかけるぐらいという状況。まあ英語勉強していると、たまに美女と話すことができる(笑)。これは神様のご褒美ですね!

 

全体的な到達度合いとしては、60~70%ぐらいなんじゃないかな。ただ、一番の特筆すべき点は、Global PUAとしての到達点レベルの目安がついたこと。どのレベルの英語力をベースに自分の専門性を磨けばいいのか、肌感覚で把握した。

 

2018年のKPIは主に以下になるかと。

  • 社会的地位資本・仕事
  • 知的資本・個人のスキル
  • 身体資本・健康
  • 人的関係資本・女の子

2018年のKPI

  • 夏前に英語力(TOEFLE105)
  • ドキュメンテーションスキルの自動化、高速化(Excelに特化-数値を扱う分野で時間短縮を図る)
  • 上半身の筋肉を1.5cm増やす
  • 5km以上のハーフマラソンに挑戦する
  • キラキラ界隈(アナウンサー、読モ、コンパニオン、インスタグラマー等)と二ヶ月に1回アポ実施
  • 交友関係を広げるべく、二ヶ月に1回複数アポ実施

 

あまり余計なことはせず、簡単なことから継続していきたい。

 

 

justin.hatenadiary.jp

justin.hatenadiary.jp

GPUAに向けた不足しているスキルを洗い出した

 

 

しばらくblogが空いてしまいましたね。。。。

相変わらず、GPUAを目指して日々精進しています。

 

3週間に渡る海外トレーニングでシンガポールにいて、実感したことを忘れないうちに記事にしておこうかと。前回のボンディングを目的とされたトレーニングとは異なり、2週間は実際にSGオフィスで勤務するパターンでした。

 

本当は日本オフィスに他の候補者もいたのだが、上司が強く推薦してくれて参加することができました。これは本当感謝です。

 

今回の出張で、本当にGPUAになるべく、どんなマインドセットとスキルセットが足りないか改めて把握できました。というのも、週2回は飲み会やらディナーなど行く機会があり、当然、花金はクラーキーで飲み会からのクラブ(Zook)になったので、仕事をしつつも、自分に不足しているソフトスキルを嫌というほど実感しました。

 

でも、やっぱりGlobal PUAになりたいので、ここでへこたれることなく、再び上を目指していこうと帰りのチャンギ国際空港で誓いました。

だって、SG空港のCA可愛いんだもん(笑)

 

 実は、最近、以下の書籍を読んでいるのですが、やはり、何事も成功するには、最初の導入は体育会系が一番なんだなぁと思います。

 

読み始めてびっくりしたのが、「Day 3:電話を無作為にかけて5人からおススメの映画を聞き出せ」です(笑)。完全に不審者ですが、そういったタスクを徹底して一個一個こなしていくわけです。そして、こういった一見馬鹿げた練習も、目的を持って取り組むと、すべてに意味がでてくるのです。この本がやはり素晴らしいのは、Vocal toneや姿勢に関しても徹底した指導がある点です。

 

例えば、ストーリーテリングの話し方に関してだと、

 Do you have a dynamic storytelling voice, the kind that sucks listeners into the world you're describing? or do you have a monotone voice, the kind that listers tend to turn out?

If it's the latter, then turn on the television. Find a male host, comedian, or other broadcaster with a dynamic voice that you like. Listen to him speak. Pay attention to every detail and nuance that make his voice compelling. Notice how he is present in the material, how his voice rings with energy, warmth, and immediacy.

Next, try repeating what he says, using exactly his words, tone, and style.

と、具体的なアクションレベルまで指導が入ります。 

 

日本語版は内定してから読んだことがあったのですが、社会人になって大阪勤務辞令のタイミングで捨ててしまったので、内容があまり覚えていません(笑)ただ、英語版のほうには、恋愛テクのみならず、自己啓発的ないいことが結構書いてあります。そして、英語も全然難しくないレベル。たぶんTOEIC600もあれば読みこなせる感じです。

 

"Save your time by cutting back on all that energy wasted desiring woemn from after and instead learning what it takes to have them in your life"

とか

”If you're hung up on one particular girl you just can't get out of your mind - and she hasn't given you any sense that she shares the feelings - then recognize that's not love you're felling, but obsession. And that obsession is likely to scare her away”

とか

"The biggest mistake a man can make with a women is hitting on her before she's attracted to him."

 

 

The Game and Rules of the Game

The Game and Rules of the Game

 
ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ (フェニックスシリーズ)

ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ (フェニックスシリーズ)

 

 

 

で、この本を読みながら、個人的に「女にモテるハウツー」が数多ある中で、恋愛工学が秀でている点は、以下二点に尽きるな、と。

 

1. {お金, 女} の二変数を如何にしてコントロールしていくかに主眼が置かれている点

2. Sustainable なモデルを推奨している点、しかも、基本的にグローバルに応用可

 

他のナンパ師アカウントや女にモテる方法が魅力的でないのは、上記の視点が欠けているから。そして、この視点はその階層にいかないとわからないという不可逆性を持つ点。

 

その意味で、自称GPUAではなく、ある程度のグローバルスタンダードに耐えうるGPUAになる過程をこのBlogでは赤裸々に記録していく。同じような田舎者出身者に対して希望を与えられたら、と思う。そう、かつて、自分が受けたように。

 

スキルセットとして不足しているのは主に三点

1. 英語で具体的な状況を描写する/自分の感情がどう推移したかを説明するスキル

2. 質問を一歩深めるスキル、つまりは、一段階深い内容を適切な質問で引き出すスキル

3. 空間と行間を読んで、立ち振る舞いからシグナルを送るスキル

 

基本的に英語力が全然追いついていないが故に、起きている状況。状況に合わせた英語を勉強するのが打ち手に当たるのだが、今の所何をすれば上記スキルが伸びるのかが不明。

 

多少遠回りだが、もがきつつもそのスキル獲得プロセスをいつか共有できるよう頑張っていきたいです。

 

もちろんググれば、海外クラブ遠征ナンパとかで、即できただの、外人とHしただのの記事はあるけれども、正直どれも表面的な記事が量産されているにすぎないわけです。英語力が低ければ、そりゃ勢い度合いと確率に左右されるゲームになり、再現性がありません。GPUAは再現性のある戦略を取るのが定石だし、個人的には会話を楽しんでお互いを知るプロセスを日本同様、海外でも楽しんでいきたい、というのが僕のスタンスになります。

 

なお、今回のハイライトはナイトパーティーでインディアン系の美女から

インディアン系美女:"hey XX(名前), why are you always wearing a suit?"

私:"Why? I don't have any specific reason. It is common in Japan to wear the suits on whichever occasions. Am I .."

インディアン系美女:"No, I mean you look good, well dressed and  I like it:))"

と言われ、ボディタッチされたことですね(笑)

 

いやー身だしなみと肉体改造頑張っていきます!!!

 

 

もう一つ確信に繋がったのは以下の会話。インドネシア出身の女の子とタイ出身の女の子と話していた時、インドネシア出身の女の子がディナーに誘われたと切り出してきたシーン。

"I was invited to have a dinner with my mates at tomorrow's night."

"Oh, who is he? Show me a photo"

"Uhhh, don't judge. I have only a photo from We chat and he's wearing a sunglass, so hard to see who he is."

"Let me see...oh giod face. But I have some rumors about him...lol"

"What? Tell me about it"

"(Glimps her smile) well.."

"Seriously. Let me know~. Whatever information is beneficial for me to know him in advance cause I didn't met him and just did the several chats..!!"

"....ok, but the truth is not mine but my friends. A friend of mine got in touch with him a few months ago and she got emotionally connected with him as he is kind, handsome and smart. But he seemed to be a kind of "player" because he kept in touch with so many girls livin in SG and outside of SG. Also, met girls constantly gearing from my another friend."

"oh, I didn't know home well but why did she feel so?"

"cause as I said he is smart and get promoted so fast, meaning he is a rising-star in XX division."

"Got it. Hearing from your story, I'm wondering whether I meet him or not :("

"No you should go. You have nothing to lose as you didn't know him well and spent nothing. Also, you aren't mentally connected. Rather, why don't you book a nice-moode expensive restaurant around Bay-sands? Let him treat you lol"

 

こんな感じの会話でしたが、「モテる男はグローバルな文脈でもモテる」真理があることを発見しました。そしてアジア系のモテる男には共通項があることも少しずつわかってきました。

 

 

今回の出張で、だいぶ成長できたと思っています。残り下半期も頑張れば(外資系は7月が期首です)、多分年収もボーナス込みで800万は到達するので、多分社会人4年目では、いよいよ1000万は突破できそう。しかも、ドメ人材での1000万ではなく、グローバルな労働マーケットを見据えた上での1000万なので、30台の拡張性が全然違うはず。

 

辛いこともあるでしょうが、歯を食い縛って今年頭に設定した目標を引き続き、淡々と追いかけます。