純ジャパが30歳3000万円の外資系駐在員を目指す軌跡

グローバル人材に憧れていたらそろそろアラサーが見えてきました。。。2018年で年収1100万円まできました。

9月からAPAC本部で働くことになりました。

 

つ、ついにビザが下りてAPACの本部である常夏の島、シンガポールで働くことが決まりました!今週IOLをいれて、不動産も押さえました。アラサーを目前にして、ようやく海外初勤務です。

 

今の会社に入社してからグローバルの世界に憧れてました。まずは一歩ずつ、今日も少しずつと、毎日自分を鼓舞して頑張ってきたことが少し報われたのかと思うと、嬉しくて涙がとまりません。

 

もともとクッソダサい田舎で生きて行く人生になりかけた自分に絶望して、その受け入れたくない現実を変えたくて、女の子のおっぱいと東京を目掛けて覚悟を決めたのが2016年の夏でした。そっから、2019年の夏に至るまで3年間かかりました。

 

いろいろ紆余曲折があったものの、ブレずに一貫して「グローバルでイケている男」を目指してきた甲斐があり、多少は(自分で自分を認めてあげるぐらいに)変わることができました。たぶん根源的な自分の欲求は、「人生を全力で生きてこなかった自分の過去」を脱ぎ捨てたくて、何か心の琴線に触れるストーリーを追い求めているのだと思います。10代の青春時代から困難から逃げ出したり、斜に構えたり、イキったり、生まれを非難したり、と。まあひどいクソガキでした。25歳の時にこのままだと人生がマジで終わるとおもってから、3年で多少は自分で納得できる人生になったのではないかなぁと思います。

 

まだまだ道半ばですが、とりあえず、シンガポール生活が楽しみです!!!

 

シンガポー美女とベイサンズあたりで語り合って、将来のお嫁さんを見つけることができたらいいなぁ。とにかく、日本所属ではなくローカライズできるように結果を出せるように変わらず準備をしっかりしていければと思っています。

 

追伸:グローバルPUAの本でも読みなおそっかな.....まさかミステリーメソッドとかが本格的に役立つ日がくるとは思いもよりませんでしたw海外で外人からモテるために必要なことがあったら教えてください!

 

 

The Game: Penetrating the Secret Society of Pickup Artists (English Edition)

The Game: Penetrating the Secret Society of Pickup Artists (English Edition)

 

 

米国本社に短期勤務してわかった給料の不都合な真実

 

日本の駐在員の給料は、駐在手当、家賃手当、危険地帯手当などを含むと1.5~2倍まで増えることは有名です。だから、みんな総合商社を目指して新卒就活を頑張るわけです。実際は年収が増えるわけではないのですが、家賃が実質タダになる点と日本での税金、および、浪費がなくなるので、500万程度の貯金ができることは有名です。

 

同じことはグローバルカンパニーでも起きます。同じ業務を行っていても、Global採用/本社側採用とローカル採用では賃金に差があります。

 

が、外資系駐在員になるとそれが2倍は確実にもらえて、加えて、物価手当、家賃手当が出ることがわかっています。そして、最近もっと衝撃的だったのは日本は賃金が上がらないのに物価が上がるスタグフレーション状態になっていて、未だに年収1000万(でも手取りだと700万)が目安になっていますが、グローバルカンパニーだと新卒入社して3~5年でビジネス職であっても、手取り2,000万円が標準の世界ということを知りました。たしかに、アジアのHQから来る彼らは六本木ヒルズレジデンスや仙谷タワーレジデンス、虎ノ門ヒルズレジデンスなどに住んでいて、家賃手当が独身でも60~80万円/月あるのですが、それに加えて、手取りでだいたい2000万円ももらっていることには腹が立ちました。日本採用だと80h/月、残業してようやく1000万円超える程度、つまりは、手取りは800万円もいかないぐらいです。

  

2017年に仮想通貨のバブルに乗ったおかげで百万超が手に入って、それを元手に2018年から株式取引を始め、2019年に資産運用をDMM証券を中心に本格的にはじめてきました (DMM証券)。実際に手を動かすと金融知識が実態を通じて肌に染み付いてくることがよくわかります。同じように、キャリアに関してもこうした労働の流動性、為替や物価によるアービトラージに敏感になってきました。日本の経済成長は全くと言っていいほど見込めないので、金融資産は預金、日本株、米国株、ETFと分散させていますが、人的資本としてもやはりリスクヘッジできるよう英語を死ぬ気でやらないとダメだと米国本社の人と話して改めて確信しました。

 

DMM証券 でFXもはじめて、レバレッジを効かせるということがどういうことかを身をもって理解できるようになったのですが、これは人的資本にもあてはまります。ミセス・ワタナベという日本人女性が1億円を素人ながらも2007年に掛け金15万年で稼いだことは世界的に有名です。でも、そういったレバレッジをかけられる人間は一部なわけです。私もさすがにFXでそこまでのレバレッジはまだかけられませんが(せいぜい3倍にしておくのが凡人にはちょうどいい)、英語で同じように人的資本にレバレッジをかけないと30歳で本当に詰むと実感しました。

 

2019年の残りは発音含めて、徹底的に英語を勉強します。帰りの空港の本屋でアメリカの小学生が使っている問題集も買いました。なにがなんでも年収2,000万円の男に30歳までになります。港区女子ではなく、アッパーイーストサイド女子かCal女子を狙います。

 

そのための記録をつけていくので、みなさんよろしくお願いします。マジでCrazy rich Asian 目指して血反吐でがんばりますわ。

 

ファンダメンタルとモテの関係性

 

ファンダメンタルバリューを如何に追っていくか、がこのBlogの命題と言ってもいいだろう。

 

ここに関して明確に言えることがある。

 

1. 最初の最初はモテを先に目指してもいい

2. が、初期状態を抜けたら、即ファンダメンタルバリューに集中する

3. モテスパイラルとは、「ファンダメンタルバリューの向上→その界隈での尊敬によるモテ→さらにファンダメンタルバリューに集中する」

 

要は、本質的に今いるコミュニティでモテを目指すべきなのだ。恋愛市場の自由化によってマッチングの可能性は上がった。と、同時に恋愛格差が到達する世界になってしまったのだ。

 

結局、東京一極集中な世界は変わらないわけだし、グローバルで見たら香港やシンガポールに人が吸い寄せられていくわけだ。

 

自分はどこにいたいのか?

 

 その目標が定まったら、あとは戦略に沿って実行していくだけ。

もう一度見返しましたわ。全然当時は見通しが甘かったw

でも、きっちり追いかけていきます。 

 

justin.hatenadiary.jp

 

 

GPUA project: Christina

 

「α」な男が世界を支配するのは歴史を見ても変わらない。どーも、Justineです。

 

久しぶりに真面目な経緯報告を行おうかと。実はこの度、会社から派遣生に選ばれました!!!!っしゃ!!実績次第では、APACの本社側の人間に選ばれるチャンスをもらえました。ということで、日本法人を退職して、アメリカ本社に入社する形になります。要は、「米国本社で半年間見て、使えそうだったらGlobalでAvailableなPositionについていいよ〜」という制度。

 

だから、英語ができる帰国子女の同僚もいーーーっぱいいますが、基本彼女らはオペレーション部隊でシンガポールのAPAC HQと業績管理の報告しているだけなので、Strategyを考えたりする私が選ばれました。あーーーまじ勉強してきてよかった。というか、数字にそこそこ強くてよかったw

 

7月から移動なんですけど、ちょっとこれはガチでグローバルPUA目指します。英語ももっと勉強しなきゃです。それとビジネスの知識に関しても。あとは、質のいい彼女もつくりたいなぁ。。。

 

ということで、欲望が出てきたので、Global Pick up airtist projectを設立します。次は、Christina Maria Aguileraです。

 

Christinaでは、筋トレします。今も週に1回は中央区の区民体育館で筋トレしてますが(ジムは思った以上に高いから辞めましたw)、もっと朝方に切り替えて睡眠の質をキープしながら健全な肉体を作り上げていければと思います。

 

やっぱり28も近づいてくると、世間の由緒ある美女は結婚してしまいます。一方で、男はアメフト時代はイケイケだった男も老けてただのデブになっていたりします。同様に、大学時代にバンドマンとかで細身ひょろひょろのモヤシ体系なのにハイブランド着ている奴が筋トレアピールしていたりします。要は、アラサー目前になると過去の肉体資産が減価償却のように減っていきます。

 

ただでさえ、アジア系の英語が下手くそな男なんだから、度胸ぐらいはデカく、肉体ぐらいは恰幅よくならないと話になりません。ということで、会社にはジム付きみたいなので、週3できっちり鍛え上げていきたいと思います。

 

 

そして、港区女子とはさようならします!!!

やっぱりHといえば、港区女子で、ホイホイお股が開く優良物件なのは疑いがなく、ハイスペであればあるほどイージーゲームなのはこの4年間でしみじみと実感しました。ですが、なんかこの港区女子に好かれる男になると、帰国子女系美人と話が合わなくなるんですよねww

 

肩書き的には、テレビ局アナ、広告代理店美女、丸の内にゃんにゃんパン食らへんが対象なんですけど、自分はそもそもマストレンド興味ないし、上質な生活に見栄と金を使う執着がある点が合わないです。

 

justin.hatenadiary.jp

 

ハイスペを目指すことは継続して頑張りますが、港区女子ウケするように金を使うのはやめます。だって、港区女子と接点を持つことなくなるんですもんwこの3年間で到達した肩書きは、雑誌常連読者モデル、キー局フリーアナウンサーセントフォースミス慶応/青学/明治etc、グラビアアイドルとかですかね。さすがに女優はいませんでした。家が裕福であればあるほど、名誉を求めるし、家が貧乏であればあるほどお金を求めるのが港区女子の特徴ですよね。でも、なんか盛り上げるの面倒くさいし、やっぱりこの辺の成金価値観よりも、グローバルかぶれ価値観のほうが居心地がいいのでしょう(笑)

 

平成が終わるので、ハイスペ度合いを確認してみると、まだまだ未達項目が多いです。あと二年が勝負ですが、やり遂げます。世界を変えます。

 

ハイスペ={A∧B∧C∧D}

(A)年収1000万円以上:これは平成時代にincentive込みで達成したけど、ベースでしっかり超えるようにする。

(B)国家資格取得:なんも試験を受けてない。英検1級も落ちたしwさすがに30歳までに簿記は受けようと思う。一応、会計とファイナンスは地道に本を読んでいる。EBITAとかWAACとかの意味はわかるので、それを用いて証券分析までして株式投資に活かしていきたい。

(C)社会的信用のある肩書き:これは今の会社がNY証券取引所に上場しているからOK。

(D)英語力(TOEFLE 100程度):まだ未達成。これが一番時間かかりそう。

 

 

 

友人の結婚式に出て思うこと

 

ああここまできたのか。

と、同時に、たぶん今後も住む世界は違うんだろうなぁと。

 

正直なところ、社会人時代(外資系転職後)、社会人時代(日系メーカー関西勤務)、大学時代、高校時代、中学時代とそれぞれ世界が分断されているのをまじまじと実感した。そして、頑張り続ける、というより、野心的である人は歳をとるにつれて減っていくんだなぁ、と。

 

高校は群馬の公立進学高に頑張って行った。理由は、中学時代のバカな友達に合わせるのが嫌だったからw

 

案の定、中学校時代の友達はジモティーLOVEなマイルドヤンキーになった。東京行く場合は年一回のディズニーランドに泊まりで行くぐらい....バーとかいう響きがオシャレと思うレベルだし、ミシェランの料理とか食べたことがない。ファミレスでも結構な贅沢と思うレベルなわけですwもう正直、ここの友達はいないようなもん。二回だけ、同窓会含めて戻ったけれども、貧乏くささに嫌気がさした(笑)あと、時間が止まっているから、話が合わない(苦笑)

 

高校の友達で東京に出た友達とは話があうけれども、地方医学部、地方理系とかはマジで話が合わない。。。というより、非モテをそのまま引きずっていることを誇りにしているあたりが、たぶん価値観として交わらない原因なんだろう。そんなオナニーする人生でいいの?って思ってしまう自分がいるが、彼らはファッションや美容にお金をかける意味を見出せずに、アイドルとかアニメにお金を費やすことは趣味として思っているみたい。

 

大学の友達は実は結構バラバラなんだよね。。。大学一年の語学のクラス、ノンゼミで仲良くなったメンツ、就活で仲良くなったメンツ。うーん、めっちゃ親友と呼べる友達がいるのか微妙。日系大手にいった友達、ベンチャーっぽいところに行った友達、そのなかでも、業界と業種が違うと傾向として別れてしまうんだよなぁ。。。

 

今の飲み友達が一番居心地がいいのは、たぶん「上昇志向」という点で一致しているからなんだと思う。時間を無駄にせずに、自己鍛錬を前提に生活が組み込まれているから、話す内容含めて刺激が多いんだよな。その分、終身雇用の安心感がないわけだけれども。

 

まぁでも、石原さとみも前田さんだし、深キョンも実業家だし、芸能人みたいな美人な女の子を撃ち落とすには、リスクとって攻めないとダメだわ。30までは、頑張ろうって決めたわけだし、まだまだ頑張ります。

 

時々、モチベーションが上がらなくなってつらい時もあるんだけれども、なんだかんだブログで思考を整理するとまたやる気がでてきます。

 

美女のおっぱい目指してがんばるよーーーー!

 

まずは簡単なことから。

 

簡単なことをバカにすると良いことはない。

学校のお勉強だって結局は教科書レベルをマスターすることが第一歩。

仕事だって新人としての動作を体得することが第一歩。

 

結局、大事なことは簡単なことを反復することに尽きる。

 

恋愛も同じ。声をかける、笑顔で目を見て話す、相槌を打つ、デートに誘う、キスをする、と基本的な打ち手に忠実でなければならない。

 

お金も同じ。ファイナンシャルリテラシーはすぐには身につかない。ゆえに、興味を失ったらまた簡単なことを挟みながらスパイラル状に学ぶのが、王道である。

 

ということで、最近読んだマンガ。モチベがわかなければマンガから入るのも悪くないもんです。

 

 

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

 

 

 

メーカー地方勤務で4年間で借金を返済して500万円貯金したT君のストーリー

 

なんと社会人4年目が終わる中、貯金が500万円超えた前職の同期がいた。。。。

 

彼は工場勤務だったので、新人研修後に2年間工場勤務だった。そしてその後も、工場で管理系業務に配属されたパターンだった。そしてようやく東京に今年の春に帰ってくるみたい。まあ地方だと生活費が安いし家賃もあんまりかからないのは知っていたけれども、だいたい年間200万円ペースで貯めていったのはすごいわ。

 

彼は流行なんかに流されずに、堅実にコツコツと貯金するタイプで、男からみたらつまらないし、女子からもモテるタイプではない。でも、彼は大学を奨学金という名の借金をして卒業している。

 

その返済のために、一直線に倹約生活をしていた。それこそ、飲み会もほとんど顔を出していなかった。俺とは入社してすぐの研修テーブルが同じだった。当時の俺は、就職活動の尾を引きずっていて、現実直視をできなかったけれども、彼は、自分の置かれた人生を真正面から受け止めていた。この班のメンツは方向性は違うけれども、「こんなところで人生終わってたまるか」という強い反骨心があったんだと思う。

 

結局、俺は退職することになったわけだけど、班のラインは年に一回ぐらい動く感じだった。

 

何かを成し遂げたい時、心のそこから湧き上がる、抑えきれない思いというのは、人と人を通じ合うんだと思う。彼は借金を返済しきって、少し顔色が穏やかだった。

 

俺も、もっともっと頑張ろうと思った。結局、与えられた人生の中で頑張るしかない。