港区女子にモテたい!!

港区女子にモテるべく、日々励んでいます。

2017年のKPIレビュー&2018年のKPI

 

最近、日々の生活がグダグダですw

というか、全然仕事のやる気が起きない(笑)

この原因は、仕事量が落ち着いてきたのと、処理速度が上がったからだと思うのですが、一番は"感動"がないから。

 

世間の書籍に目を通せば、「仕事だから我慢して働け」「金もらっている以上、プロフェッシャルとしてやり抜け」「仕事は楽しくなければいけない」等、仕事に対していろいろな見解があります。

個人的にはどれもぶっちゃけ正解かと(笑)

でも、ミレニアム世代な自分は"感動"をうまく組み込める人生にしていきたい。その仕組みづくりに2018年は充てていきたいなぁ、と思っております。「人生中長期計画書を立てろ」と言われたことがあるのですが、確かにマイルストーンがないと人間堕落してしまいますからね。。。

 

ということで、改めて、2017年のKPI達成状況を確認。

2017年のKPIを見ると、以下の4分野の指標が多かったです。そして、主にファンダメンタルバリューの改善に労力と時間を費やしました。

  1. 社会的地位資本・仕事
  2. 知的資本・個人のスキル
  3. 身体資本・健康
  4. 人的関係資本・女の子

では、レビューにいきましょう。

2017年のKPI

  • 英語力(TOEFLE100程度)→不可。だって、まだTOEFLE受けてないですw問題集は買ったので、1月か2月には受けます。おそらく85(=TOEIC950)いけば上出来なんではないか。。。
  • ファイナンシャルリテラシーの向上(=税金/財務/資産運用の書籍を合計で5冊読む)→これはあと税金の書籍を読んだら、達成できる。ふるさと納税や確定申告等、税金対策の知識も多少なりとついた。資産運用の概要と金融商品のスキームも把握完了。あとは、財務諸表から導かれ得るvaluationと株式市場の時価総額の差から、銘柄を選定してホールドすることだけ。株式投資はまだデビューできていません。。。w
  • 残業時間の短縮(=Word/Excel/PPTの速度を上げる書籍を1冊読む, 仕事術に関するhow to書籍を2冊読む)→これは、達成できている。How to 書籍よりも、ビジネスマンとしての基礎本(岩瀬大輔さんの入社1年目の教科書やキム・ムーギーさんの世界のエリートの働き方、等)を読んで、できない部分をメモとり、意識して行動していくことで信頼関係を構築するほうが効果的だった。Excelのショートカットと関数をどう使うかは引き続き、on the jobで意識して反復する。
  • ゴールドジムの継続(=週末は必ず通う)→これも達成した。運動は習慣になった。ただ、筋トレのメニューの質、栄養補給知識はブラッシュアップする必要がある。
  • 健康に気をつかう(=自炊/禁酒の推奨, 健康法の探求)→達成。自炊もだいぶ上達した。たまに夜更かししてしまうが、健康リズムを整える環境整備は達成。
  • 月2のアポ(=最低1回/月で外人狙いの恋愛活動を行う;アポは交友関係を広げる活動も含む)→これはできていない。が、男友達のおかげで、読モや舞台女優界隈と接点を持ち始めた。
  • カフェナンパの開発(=月1でカフェナンパのテクノロジーを開発する)→これもできていない。そもそも、カフェでナンパマインドでいっていないので、たまに声をかけるぐらいという状況。まあ英語勉強していると、たまに美女と話すことができる(笑)。これは神様のご褒美ですね!

 

全体的な到達度合いとしては、60~70%ぐらいなんじゃないかな。ただ、一番の特筆すべき点は、Global PUAとしての到達点レベルの目安がついたこと。どのレベルの英語力をベースに自分の専門性を磨けばいいのか、肌感覚で把握した。

 

2018年のKPIは主に以下になるかと。

  • 社会的地位資本・仕事
  • 知的資本・個人のスキル
  • 身体資本・健康
  • 人的関係資本・女の子

2018年のKPI

  • 夏前に英語力(TOEFLE105)
  • ドキュメンテーションスキルの自動化、高速化(Excelに特化-数値を扱う分野で時間短縮を図る)
  • 上半身の筋肉を1.5cm増やす
  • 5km以上のハーフマラソンに挑戦する
  • キラキラ界隈(アナウンサー、読モ、コンパニオン、インスタグラマー等)と二ヶ月に1回アポ実施
  • 交友関係を広げるべく、二ヶ月に1回複数アポ実施

 

あまり余計なことはせず、簡単なことから継続していきたい。

 

 

justin.hatenadiary.jp

justin.hatenadiary.jp

Party Party Party からの決意

 

どうも、皆様。今晩は。

昨日は爆飲みPartyでした。まさにThe 華金って感じ。

 

夜中2:00過ぎまでショット飲んで、ドンちゃん騒ぎをして、3:00頃にようやく帰宅して、Hして、寝るという。おかげで、昼前まで浅い眠りとイチャコラ、昼ごはんたべてから爆睡して、今起きるという最強に無駄にした1日でした(笑)

 

頭も痛いし、気怠いし、完全に二日酔いですw

 

www.youtube.com

 

 

昨日思ったのは、自由恋愛市場というのは素晴らしいですね。

どんなにハイスペでも、どんなにイケメンでも、どんなにお金持ちでも、市場のルールは一貫している。そう、「勇気を持って行動して人にしか機会が与えられない」という事実。

 

それは、人生にも同じなんじゃないかとしみじみ思いまふ。去年の今頃とかは、転職準備と前職での初の海外案件で追われていて、週末は本当ジムと勉強以外していなかった気がします。でも、今は東京に住んでいるし、飲み行く友達も変わったし、外資系の経営企画のマーケティングで働いているし、海外にも同期と呼べる友達ができました。

 

少しずつだけれども、一年経つだけで、ここまで人生変わるんだと思った。

慶応入学した時も、そうだけど、それと同じぐらいこの一年は大きかったなぁ。

 

だって、今年は、PUAへに必要なスキルとマインドセットを身につけたおかげで、モデルとも飲んだし、舞台女優とも遊んだ。

金融の勉強を始めて、ネット証券口座*も、仮想通貨取引**も始めた。仮想通貨取引のBitcoinなんて、口座を開いたおかげで、普通に数十万ぐらいは儲かりました(笑)

身体資本の重要性も理解していて、ジムで最低限の6packsはキープしている。(たまに上半身はサボっちゃうけどw)

英語も発展途上だけれども、だいぶ話せるようになってきた。逆に、クラブとか居酒屋二次会とか、身体に影響を与える飲み、あんまりテンションが上がらない飲みは一気に減った。

 

もちろん、その分だけ失敗しているんだけれども、「試しながら修正する」スキルってとても重要。確実に試行回数に比例して成功角度が上がって行っている気がする。

 

Twitterで書いたんだけれども、次は、米国MBA目指しますわ。

実は、以下のblogを読みました。

アメリカTop MBA受験に失敗した人のブログ(時々ナンパ)

 

なんか、人生かかっているリアルな感じが文章から伝わってきて共感してしまった。

 

ああ、俺も、こうやって自分の人生にImpactのある出来事に全力投球して、人生の駒を進めていきたいんだって。高校受験の時も、大学受験の時も、就職活動の時も、必死に頑張る人を小馬鹿にする傾向があって、本当は人一倍臆病なくせに、強がってスマートに結果を出せる自分を演じようとする傾向があった。でも、今は確実に「泥臭く」「がむしゃらに」「ひたむきに」努力できる自分がいる。だから、自分にも可能性があるんじゃないかなって単純に思ってしまった。

 

MBAホルダーは自分の会社には結構いて、日本人だと少ないんだけれども、APACだと4割ぐらいいる。そして、今年から何人か Top schoolのMBAに行った人も知っていて、彼ら/彼女らのFB投稿見ていると、人生充実していそう。そんな軽い気持ちなんだけれども、2年かけてトップスクールMBA目指しますわ。

 

ちなみに早速、AGOS***に登録して、MBA日本人受験者データ見たけれども、案の定みんなハイスペですね。。。(笑)そもそも自分が経歴的に可能性があるのか等、気になることは多いんですけれども、とにかく純ジャパはTOEFLEとGMATのスコアメイクで脱落するとのこと。とにかく、TOEFLE100超えを来年中に達成して、来年の今頃はGMATに移りたいです。

 

日本では有名じゃないけれども、top schoolであるWhartonとかKellogとか行けたら普通にカッコいい!(笑)

 

Wharton Home - The Wharton School

Kellogg School of Management | Northwestern University

 

 

 

* 口座は楽天証券で開設しました。

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託)

**アカウントはbitFlyerで作成しました。

http:// https://bitflyer.jp?bf=awcn3td4

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

***AGOSは社会人の英語予備校として有名です。

TOEFL(R)TEST・IELTS・GMAT(R)・GRE(R)TEST・SAT(R)対策のエキスパート。MBA・LLM・大学院・大学留学指導のアゴス・ジャパン

 

 

 

 

GPUAに向けた不足しているスキルを洗い出した

 

 

しばらくblogが空いてしまいましたね。。。。

相変わらず、GPUAを目指して日々精進しています。

 

3週間に渡る海外トレーニングでシンガポールにいて、実感したことを忘れないうちに記事にしておこうかと。前回のボンディングを目的とされたトレーニングとは異なり、2週間は実際にSGオフィスで勤務するパターンでした。

 

本当は日本オフィスに他の候補者もいたのだが、上司が強く推薦してくれて参加することができました。これは本当感謝です。

 

今回の出張で、本当にGPUAになるべく、どんなマインドセットとスキルセットが足りないか改めて把握できました。というのも、週2回は飲み会やらディナーなど行く機会があり、当然、花金はクラーキーで飲み会からのクラブ(Zook)になったので、仕事をしつつも、自分に不足しているソフトスキルを嫌というほど実感しました。

 

でも、やっぱりGlobal PUAになりたいので、ここでへこたれることなく、再び上を目指していこうと帰りのチャンギ国際空港で誓いました。

だって、SG空港のCA可愛いんだもん(笑)

 

 実は、最近、以下の書籍を読んでいるのですが、やはり、何事も成功するには、最初の導入は体育会系が一番なんだなぁと思います。

 

読み始めてびっくりしたのが、「Day 3:電話を無作為にかけて5人からおススメの映画を聞き出せ」です(笑)。完全に不審者ですが、そういったタスクを徹底して一個一個こなしていくわけです。そして、こういった一見馬鹿げた練習も、目的を持って取り組むと、すべてに意味がでてくるのです。この本がやはり素晴らしいのは、Vocal toneや姿勢に関しても徹底した指導がある点です。

 

例えば、ストーリーテリングの話し方に関してだと、

 Do you have a dynamic storytelling voice, the kind that sucks listeners into the world you're describing? or do you have a monotone voice, the kind that listers tend to turn out?

If it's the latter, then turn on the television. Find a male host, comedian, or other broadcaster with a dynamic voice that you like. Listen to him speak. Pay attention to every detail and nuance that make his voice compelling. Notice how he is present in the material, how his voice rings with energy, warmth, and immediacy.

Next, try repeating what he says, using exactly his words, tone, and style.

と、具体的なアクションレベルまで指導が入ります。 

 

日本語版は内定してから読んだことがあったのですが、社会人になって大阪勤務辞令のタイミングで捨ててしまったので、内容があまり覚えていません(笑)ただ、英語版のほうには、恋愛テクのみならず、自己啓発的ないいことが結構書いてあります。そして、英語も全然難しくないレベル。たぶんTOEIC600もあれば読みこなせる感じです。

 

"Save your time by cutting back on all that energy wasted desiring woemn from after and instead learning what it takes to have them in your life"

とか

”If you're hung up on one particular girl you just can't get out of your mind - and she hasn't given you any sense that she shares the feelings - then recognize that's not love you're felling, but obsession. And that obsession is likely to scare her away”

とか

"The biggest mistake a man can make with a women is hitting on her before she's attracted to him."

 

 

The Game and Rules of the Game

The Game and Rules of the Game

 
ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ (フェニックスシリーズ)

ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ (フェニックスシリーズ)

 

 

 

で、この本を読みながら、個人的に「女にモテるハウツー」が数多ある中で、恋愛工学が秀でている点は、以下二点に尽きるな、と。

 

1. {お金, 女} の二変数を如何にしてコントロールしていくかに主眼が置かれている点

2. Sustainable なモデルを推奨している点、しかも、基本的にグローバルに応用可

 

他のナンパ師アカウントや女にモテる方法が魅力的でないのは、上記の視点が欠けているから。そして、この視点はその階層にいかないとわからないという不可逆性を持つ点。

 

その意味で、自称GPUAではなく、ある程度のグローバルスタンダードに耐えうるGPUAになる過程をこのBlogでは赤裸々に記録していく。同じような田舎者出身者に対して希望を与えられたら、と思う。そう、かつて、自分が受けたように。

 

スキルセットとして不足しているのは主に三点

1. 英語で具体的な状況を描写する/自分の感情がどう推移したかを説明するスキル

2. 質問を一歩深めるスキル、つまりは、一段階深い内容を適切な質問で引き出すスキル

3. 空間と行間を読んで、立ち振る舞いからシグナルを送るスキル

 

基本的に英語力が全然追いついていないが故に、起きている状況。状況に合わせた英語を勉強するのが打ち手に当たるのだが、今の所何をすれば上記スキルが伸びるのかが不明。

 

多少遠回りだが、もがきつつもそのスキル獲得プロセスをいつか共有できるよう頑張っていきたいです。

 

もちろんググれば、海外クラブ遠征ナンパとかで、即できただの、外人とHしただのの記事はあるけれども、正直どれも表面的な記事が量産されているにすぎないわけです。英語力が低ければ、そりゃ勢い度合いと確率に左右されるゲームになり、再現性がありません。GPUAは再現性のある戦略を取るのが定石だし、個人的には会話を楽しんでお互いを知るプロセスを日本同様、海外でも楽しんでいきたい、というのが僕のスタンスになります。

 

なお、今回のハイライトはナイトパーティーでインディアン系の美女から

インディアン系美女:"hey XX(名前), why are you always wearing a suit?"

私:"Why? I don't have any specific reason. It is common in Japan to wear the suits on whichever occasions. Am I .."

インディアン系美女:"No, I mean you look good, well dressed and  I like it:))"

と言われ、ボディタッチされたことですね(笑)

 

いやー身だしなみと肉体改造頑張っていきます!!!

 

 

もう一つ確信に繋がったのは以下の会話。インドネシア出身の女の子とタイ出身の女の子と話していた時、インドネシア出身の女の子がディナーに誘われたと切り出してきたシーン。

"I was invited to have a dinner with my mates at tomorrow's night."

"Oh, who is he? Show me a photo"

"Uhhh, don't judge. I have only a photo from We chat and he's wearing a sunglass, so hard to see who he is."

"Let me see...oh giod face. But I have some rumors about him...lol"

"What? Tell me about it"

"(Glimps her smile) well.."

"Seriously. Let me know~. Whatever information is beneficial for me to know him in advance cause I didn't met him and just did the several chats..!!"

"....ok, but the truth is not mine but my friends. A friend of mine got in touch with him a few months ago and she got emotionally connected with him as he is kind, handsome and smart. But he seemed to be a kind of "player" because he kept in touch with so many girls livin in SG and outside of SG. Also, met girls constantly gearing from my another friend."

"oh, I didn't know home well but why did she feel so?"

"cause as I said he is smart and get promoted so fast, meaning he is a rising-star in XX division."

"Got it. Hearing from your story, I'm wondering whether I meet him or not :("

"No you should go. You have nothing to lose as you didn't know him well and spent nothing. Also, you aren't mentally connected. Rather, why don't you book a nice-moode expensive restaurant around Bay-sands? Let him treat you lol"

 

こんな感じの会話でしたが、「モテる男はグローバルな文脈でもモテる」真理があることを発見しました。そしてアジア系のモテる男には共通項があることも少しずつわかってきました。

 

 

今回の出張で、だいぶ成長できたと思っています。残り下半期も頑張れば(外資系は7月が期首です)、多分年収もボーナス込みで800万は到達するので、多分社会人4年目では、いよいよ1000万は突破できそう。しかも、ドメ人材での1000万ではなく、グローバルな労働マーケットを見据えた上での1000万なので、30台の拡張性が全然違うはず。

 

辛いこともあるでしょうが、歯を食い縛って今年頭に設定した目標を引き続き、淡々と追いかけます。

 

 

【重要】港区女子から足切りされないために~ファッション編~

 

ちょっと今日は秋も近づいてきたし、ファッションについて話してみます。

 

恋愛工学界隈だと、「ユニクロで十分」、「筋肉があれば何着ても映える」といった意見もありますが、個人的には「ファッションを馬鹿にすることなかれ」 というスタンスです。それは、端的に「大学時代にファッションによって評価を変えたケースを多々観察してきた」という事実があるからに他ならないからです。

 

ぶっちゃけ顔でいったらカッコ良くないけど、身だしなみの徹底とオシャレな服装で雰囲気イケメンのポジションを取っている青学生と立教生はいっぱいいます(笑)ちなみに、慶應ですらそのポジショニングでミスター慶應に出た友人すらいます。

 

要は、人はイメージで判断するので、そのイメージに大きく影響を与える視覚情報がマイナススタートだと、そこから挽回するのは基本的に難しい。服を着ることは、他者に対して記号を発信しているようなものなので、その記号コントロールができるよう服にはある程度お金をかけたほうがいいと思います。

 

女子側の観点で考えると、服がダサい=情報感度が低い、デートのセンスがないのシグナリングになります。そして、東京のような大都市で情報感度が低いこと、デートのセンスがないことは、βを意味するので、自動的に恋愛の土俵から降りてしまっているようなものなのです。

 

僕個人としては、高校時代まではB boyファッションに憧れがあり、雑誌を毎月立ち読みしていました。浪人時代は、服を買いに東京の池袋か、渋谷まで時々出かけていました。大学生時代は、ファッショニスタの情報収集法を学び、原宿・渋谷→表参道・六本木で基本買っていました。

 

基本的に洋服はかけたお金と効用(=服によって他者評価が上がる)がある程度まで比例する、Y=log(a)X のような対数関数かなと思います。

雑誌を毎月数十冊眺めて半年ほど経つと、だいたい流行が何かがわかるようになります。これは、アパレル勤務をしていた友達から教えてもらいました。

 

で、服のタイプにも系統があり、どの系統が似合うのか、好きなのかは試してみないとわからないので、そこはチャレンジと修正を繰り返して系統を見つけるべきかと。この系統がバラバラだと、センスのないダサい男になってしまいます。

 

系統に関してですが、これは男のカッコ良い像と一致してきます。

つまりは、文化圏の影響を受けるのが基本。そりゃイスラム圏のカッコ良さと日本のカッコ良さは異なります。もちろん、グローバルで共通するカッコ良さを示す行動や価値観はあるのですが、今回はそれを省いて、日本のカッコ良さに関して述べていきたいと思います。

 

個人的に男のカッコよさは以下に分類できるかと。いくつか重複する部分はあるのですが、文化的⇄身体的(野性的)な軸と、中性的⇄男性的な軸で区切ると、「男のカッコ良さ」と呼ばれる真髄に近づけます。

 

男性雑誌も基本的に以下の価値観の背景にしていると前提して、読んでみてください。基本的にどれかに当てはまります。

 

 

 

f:id:mikecandy:20170923081307p:plain

 

で、我々のようなグローバルPUAを目指す集団はどこへ向かえばいいのかわかりますか?

 

男性的×文化的が基本です。男性的×身体的もあり得そうなのですが、身体において人種という遺伝子の呪縛から逃れることはできません。例外はあるものの、一般的な比較をすると、欧米人のほうが骨格が良く、身長が高いのは常ですし、黄色人種が身体的優位性を示すシグナルはグローバルで見ると基本ないです。(だからといって、身体的魅力をないがしろにしていいと言っているわけではありません)

 

で、まあ、男性的×文化的を目指すと必然的に港区女子もホイホイおマンチェスターを開くわけです。

それもそのはずで、彼女らが憧れる男性像の方向性と一致するからです。日本の価値観に合致しながらもグローバル基準にも耐えうる方向性だからです。

間違っても、原宿男子のような中性的な男が六本木のクラブなんか行ってはいけません。完全に自分のバリューが外部環境によって完全に相殺されてしまいます。ジャニーズ、韓国系、キレイ目、トートバックはグローバルから見るとオカマです。中性的な美的が評価されつつある日本社会ですが、グローバルから見ると、それは日本の奇妙な価値観なので、GPUAを目指す人は避けたほうが無難かと。

 

話をファッションにもどしますと、結局港区女子にモテたかったら圧倒的にSafari一択です。

 

 

Safari(サファリ) 2017年 10 月号

Safari(サファリ) 2017年 10 月号

 

http://safarilounge.jp

 あとは、GQ Japanもあり。ファッション色が薄いのと、ちょっと想定年代が上。でも、まあ港区おじさん目指す人は必読ですね(笑)

GQ JAPAN (ジーキュージャパン) 2017年11月号
 

https://gqjapan.jp

 

あとは、ゲーテもありかも。

GOETHE(ゲーテ) 2017年 11 月号 [雑誌]

GOETHE(ゲーテ) 2017年 11 月号 [雑誌]

 

 http://goethe.nikkei.co.jp/index.html

 

スーツだとメンズクラブがいいでしょう。

http://www.mensclub.jp

 

これらの雑誌は、「男性的×文化的」な志向を持つ雑誌です。それゆえ、我々が目指す男性像をビジュアルで表現してくれています。ここに掲載されるイメージで服を着こなすと、女子のアソコも濡れてしまうのではないでしょうか。

 

で、取るべき行動としては、この辺の雑誌でカッコ良いと思う服を買い集めていけばいいと思います。東京なら新宿伊勢丹メンズ館、大阪なら梅田の阪急メンズ館が効率良くこのあたりの服を見ることができるので、足を運んで研究するといいかと。表参道ヒルズ東京ミッドタウンも悪くないです。

 

ちなみに、この価格帯が高いと感じる20台後半サラリーマンは、ちょっとファンダメンタルバリューが低いですね。。。

 

 

以上、ファッションに関するお役立ち情報でした。

 

 

 

 

【金融】ド素人が資産運用できるレベルにまで到達する勉強記録(2)

 

 

前回の記事で素人が金融を学んでいく過程を記録するとコミットしました。

 

ですが、すいません。。。正直なところ、大して勉強できていないです。

 

今月は忙しかったと言い訳したいところですが、そんな忙しい中でどれだけ踏ん張れるかが社会人の真価が問われるところかと。

 

こんな惨めな状況も、自分の実態であるということで、1ヶ月経った結果を公開します。

 

 

まず、読破した書籍の紹介です。

 

 決算書の開設を文庫本の中でサクッと行っている。まあそんなに難しくない。というか、たぶん大学生が読む書籍な気がします。でも、その分だけ理解させることに重点を置いていてサクサク読めます。

 

こちらは、経済指標の解説。普通に好奇心をくすぐるように解説されているので、へぇと感心しながら読める。「経済指標がそもそも何であって、その指標がXXになると、YYのサインだと大まかに捉えて良い」、といったように、読者が今後どの指標をどう解釈すればいいかに関して簡単に述べている部分が良い。

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール

  • 作者: サイモン・コンスタブル,ロバート・E・ライト,上野泰也,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2012/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 6人 クリック: 37回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 

 有名どころだけあって、わかりやすい。財務諸表が繋がっていることが見えると、おそらく会社の財務諸表を眺めるのが楽しくなってくるはず。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

 

 

 こちらは実例が多いので、知識が一通り入っていないと厳しいかも。でも、会計知識を用いて、解釈を導くレベルが基本的に求められている水準なので、このレベルは必須なのかと思ったりもします。

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

 

 

 

他に実施したことは、

  • ネット証券口座の開設
  • 仮想通貨口座の開設 

 

以上。

 

 

言い訳したくないのですが、最近本当仕事がエグ目です。経営企画部署だから、アナリシス→ドキュメンテーション→ミーティングをぐるぐる回っている感じ。。。しかも複数プロジェクトだから重い。英語の勉強は譲れないし、金融の勉強は滞っているというのが実態です。

 

でも、こういう時、愚痴や弱音を吐きたくなるわけだけれども、一瞬でも気を抜いたらたぶん戻ってこれない気しかしないので、日々のやるべきことのみに集中している感じです。

 

 

去年の秋もしんどかったけれども、今年もしんどい秋になりそうです。

幸せなクリスマスを迎えらるように頑張ります。

 

Victoria's Secretレベルと釣り合うグローバルエリートを目指して。

 

www.youtube.com

 

 

【金融】ド素人が資産運用できるレベルにまで到達する勉強記録(1)

 

どーもJustineです。

世間ではお盆休みとのことですが、弊社は平常運転です。

 

今日は早速GPUA project Beyonceの進捗を書きます。

 

一応、全体像を掴むことには成功したので、ここから少しずつ各論を深く理解していければと思います。

 

ちなみに使ったテキストは以下。

 

以下、知らなかった部分に関するメモ。実務的な部分よりも、概念的な部分の理解に重きを置いています。

 

投資信託の運用手法

  • パッシブ運用
  • アクティブ運用

その中でも、アクティブ運用には以下の手法がある。

  • トップダウン・アプローチ

  • ボトムアップアプローチ

  • グロース投資:企業の売り上げや利益などの成長性に注目し、市場期待より高い成長が見込まれる銘柄に対して投資して、市場平均リターンを狙う戦略

  • バリュー投資 :企業の資産や利益に比べて、株価が相対的に割安と判断されている銘柄に投資して、平均市場以上のリターンを狙う戦略 

 

 

株主スクリーニングに用いられる指標

1. 財務諸表

2. 投資指標

  • 収益性:EPS(一株あたり純利益)、EBITDA(Earning before interest, taxes, depreciation, and amortization)
  • 割安/割高:PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、PCFR(株価キャッシュフロー倍率)
  • その他:時価総額配当利回り、EV/EBITDA、倍率、EVA

 

ファンダメンタル分析

財務諸表を中心とした会計情報に注目し、そうした情報の意味内容を解釈するプロセスないし技術のこと。

ある企業の経営業績を判断する際に相対的視点を通じた評価が重要であり、以下2点が代表的な視点となる。

時系列分析:経営努力を実施してきたか

クロス・セクション分析:他社と比較して優位な状況か

 

財務比率分析(安全性、効率性、収益性、成長性)→ファンダメンタル分析(時系列、クロス・セクション)の順でスクリーニングする。

 

 
要は、「一般人は株式投資するにせよ、投資信託始めるにせよ、基本的にはファンダメンタルで分析(ユニークリスクの最小化)後、マーケットリスクを考慮して各々、投資するのが良さげ」ってことですね。

 

あとは、金融関係の勉強の難しさは

  • 抽象概念の理解
  • 法則を用いて具体的事例の解釈

という、数学の難しさを似ているかなぁと。そりゃ、採用側に立てば、ゴールドマンサックスが東大理系院生にlove call送る理由もわからなくないなぁと。

 

 

ちなみに、 以下の部分は数式的に完全理解できていなかった部分。。。

 

効率的フロンティアの計算方法

ある期待収益率に対する最小のリスクを表す点の集合である。したがって、「ある期待収益率Reの元で、リスク(分散, σ*2p)を最小化する」という条件で、この点を求めることができる。2次計画問題として考えられる。

 

で、ここからラグランジュの未定乗数法を用いて最適解を出すのですが、

ラグランジュ関数LをXjで偏微分する意味とか

最適性条件を行列表現するところとか

 

完全に抜け落ちてます(笑)

統計の知識はかろうじて残っていたのですが、関数系が消え去ってました(笑)

どこかで数学のやり直しを社会人になってする羽目になるかもです。。。

 

お恥ずかしい話ですが、これが実態なので、包み隠さず粛々とやっていきますw

 

 

ただ、余談ですけど、Share Projectの運営側の皆様、こういった参考書の1章を書くために書籍を10冊は読んでいるあたり、学生にしてはすごいと素直に思いました。

 

Blogの読者でどれだけ大学生がいるのかわかりませんが、こういうセミナーに参加して真面目に勉強するのも悪くないんじゃないでしょうか。

 

share-project.com

 

ではでは。引き続き、進捗を随時更新していきます。

 

【仮説】愛せる女性は数多いれど、向き合える女性の数は片手まで

 

東京に引っ越してきて恋愛工学を実践していて思うのは、東京には出会いが溢れているけれども、その出会いの多さに消耗している層に入ったら「負け組」 だということ。そして、恋愛工学のテクニックにこだわりすぎると、結局空回りしてしまうというデフレスパイラル。 

 

以下を読めばわかるけど、これって20年もかけて、それこそ藤沢所長は大学生ぐらいからアラフォーになるぐらいまで、恋愛テクニックを研究した集大成なわけですよ。

blogos.com

それにしても、恋愛工学というは、進化生物学、経済学、金融工学、法律、心理学など、本当にさまざまな分野が学際的に融合しているホットな分野なんですよね。この極めてエキサイティングな分野の最前線に立ち、みなさんといっしょに研究し、そして実践できることを、本当に幸せに思っています。

そんな簡単にメルマガ読んだぐらいで、テクニックを使いこなせる理想像に近づけると信じ込むのが間違っている。 

 

 

 

ということで、今日は以下について考察してみたい。

東京には出会いが溢れているけれども、その出会いの多さに消耗している層に入ったら「負け組」

 

これまでネトナンしたり、バーへ行って声かけたり、クラナンをしたり、スタバで一言メッセをちぎって渡したり、合コンへ参加したり、と様々な方法で出会いをレバレッジしようと試行錯誤してきた。その場では、盛り上がったり、ドキドキしたり、照明で魅力的に見えたりと興奮と感動が入り混じるが、果たしてそのうちの何人が半年後も残っている女性なんだろうか。そして、残っている女性の中で、果たして何人とまた会って時間を過ごしたいと思うのだろうか。

 

ここで自分の東京に引っ越してきてからの1:1飲み会/アポを数値のみで振り返ってみる。(3/28~7/31)

 

ネトナン:5

ナンパ(ストリート):1

バー:3

クラブ:0

友人経由:2

 

試行回数がそもそも最低試行回数を超えているのかという問題があるが、10回はデートに行っている時点でNの総和としては確からしいと考えて話を進めよう。確実なことは、自分なりにプレーできていることだろう。サッカーで例えれば、恋愛のプレートはピッチに立っているトップ下である。常に瞬時に判断が問われ、そのプレーでゲームが大きく変わる。ボールを持った時、パスを出すのか、ドリブルで仕掛けるのか、それとも、ひとまずバックパスして陣形を整えるのか。その意味でいけば、中途半端なプレーは少ないと思う。たまに、横に展開するパターンが多いが、理想形としては、強引にドリブルで仕掛けてゴールを決められる男になることだ。

 

簡単な総評としては、

  • ネトナン何気に多いな(笑)。もう退会してしまったのですが、昨年末ぐらいから春までやっていたアプリが最強すぎた。当時は拡大を目指していたから友達紹介するだけで、1週間無料で使用できた。女性の質も、出会いアプリの中では一番で、コミュニケーションの質も良かったですな。
  • クラブに5回は行っていてアポが0とはどう考えても、「αとしての魅力をクラブ内で十二分に示せていない」か、「そもそもクラブで相対的に、自己の魅力を伝えるのが難しい」のどちらか。前者としての課題は認識しつつも、やはり後者の影響が大きい気がする。ELEやV2はガタい良さげの男が複数でVIPとって成金っぽく遊ぶのが、清楚系OL狩りには一番いいからなぁ。museはカオスだからいいやw
  • バーかストリートは勇気を持って頑張れ。地道な努力が身を結ぶ。

 

自分としては、確実に大学生時代よりも、大阪にいた時よりも、徐々に女性のレベルが上がってきていると思う。よくわかんない30過ぎのババアや、古事記女、モテたい承認欲求を満たすだけのBithchなど、トラップを回避する判断力と嗅覚はついてきている。(とはいえ、数回地雷を踏んでいますが。。。)

 

この原因は、単にマーケットの平均値が右にずれているからなんだと思う。要は、美人との出会いが増えたし、超美人との出会いも(まだ番ゲ成功率は高くないけれども)ある。住む土地によってアクセスできる財が変化したパターンだ。

 

が、それと同時に、自分の経験からいって、しっかり向き合える女性は5人が限界なんじゃないかという仮説がある。というか、それ以上とやり取りしたり、時間を費やすと、間違いなくプライベートが女性で大半を占められる。それはそれで楽しいかもしれない。だけれども、それは皮肉なことに、長期的にβに向かっていることになる。つまり、最終的にS級と結ばれることはない。

 

この「向き合えるのは5人まで」というPrincipleのいいところは、損切り/ストップロスがより明確になることだ。そして、自分なりに「理想とする女性像」の要件を明確にできること。これによって、sharpに撃ち落とすべき女性が把握でき、磨くべき変数が理解できる。それこそ、「でかいチンコ好きな女が好き」とわかったら、毎日チンコをしごいて大きくしなければならない。努力をするということは、そういうことだ。

 

今は、勉強>恋愛の優先順位だから焦ってはいないけれども、27までにはきちっと戦略を立てるだけに十二分なデータを蓄積しておかないといけない。マイペースに進めることも大事だけれども、やはり最低限のKPIは持っておきたいところ。

 

なお、この春から東京の恋愛市場に参入して明確にわかったことがある。港区女子を狙い撃ちするのは、「港区女子のハブ」と信頼関係を構築すること。マジでこれに尽きる。「いい女にはいい女が集う」のは真実で、「良さげなビッチには良さげなビッチが集う」のも事実。で、これの理由を分析しようと思ったんだけれども、まだ港区女子を打ち落としまくっていないから、ここは研究課題ということで。夏の自由研究課題にしておきます。ちなみに、分析の切り口も港区突入してからの年数で切るか、中学以降の経歴で切るか、所属しているコミュニティクラスタで切るか等、切り口も複数あり、ここが解明できれば、戦略が一気に立てられると考えている。

 

P.S. 今後もこの記事を定期更新していきます。