純ジャパが外資系駐在員を目指す軌跡

グローバル人材に憧れていたらそろそろアラサーが見えてきました。。。2015年の年収320万円から2019年で年収1260万円まできました。

社内ニート脱出したので真面目に反省する

 

さて、この一ヶ月生きた心地がしませんでした。そりゃそーだよね。社内ニートだとそのまま世間で言うPIP(Performane improvement program)にぶち込まれるところでしたもん。。。

 

マジで笑えないですからね。Twitter界隈で、「入社して不採算部門のドン底から最短昇進!!」とかつぶやいていますが、そんな甘い世界じゃありません。Forbs100に掲載され米国経済株式指数に食い込まれる米国大企業では、一度出世レースから外れるとかなり厳しいです。そりゃマネジメントポジションの椅子の数は限られているので、競争は熾烈なのです。

 

今の会社はPost MBAも多く、出世競争に敗れて、あるいは、疲れて会社を去る方は多いです。それは給料が頭打ちになりかけているから、転職するわけですが、当然ながらそんなうまい話がいつも転がっていることはあり得ません。

 

ということで、同じことを繰り返さないように反省会をします。

 

1. Work

これはまあ端的に言えば、浮かれていたに尽きますね。土日に自己鍛錬してないし、仕事もしていない。あとはちょっと燃焼しちゃった。こんなに頑張っても報われるかわからないのに意味あんのかなーとか考えて手を抜いてしまった。

 

あとは、上司以外のスポンサーを捕まえるのに失敗した。それは、リーダーシップの欠如が原因になる。自分から動かないと何も始まらないのに、指を咥えながら待ってしまった。

 

仕事場の人間関係もあまり良くなかったなぁ。愛嬌と笑顔が足りなかったし、深刻な顔して疲弊していたのが伝わってしまったのかなぁ。辛い時こそ、他人の助けを求めて脱出するように動かないとダメですね。

 

2. Out of work

これはそこそこ充実してたが、これも自分の積極性の欠如が原因で失敗したなー。何度か恋愛で楽しめたけど、ちゃんとセフレをつくるべきだった。これは本当に大反省。

 

攻めないと何も始まらない。

 

あとは、自己投資を怠ったことかな。ジムも通うべきだったし、何よりイケているコミュニティに入る努力をしなかった。

 

まあこんな感じですかね。こういうPDCAを昔はもっと徹底して行っていました。やはり基本を疎かにしてはいけないと改めて感じました。この1年は仕事での結果を出すこととTOEFL109取ることを目標にして頑張ります。

 

MBAなんだかんだ取りたいもんなー

ま、コロナは続きますが、引き続きシンガポールライフを楽しみます。