純ジャパが外資系駐在員を目指す軌跡

グローバル人材に憧れていたらそろそろアラサーが見えてきました。。。2015年の年収320万円から2019年で年収1100万円まできました。

なんかキャリアの理想になりそうな日本人がいた

 

こんなBlogを見つけました。ひゃー時価総額Top20にはいるReagional headとなったら、結構絞れますよね。。。Microsoft, Apple, Google, Exxon mobile, J&J, Facebook, P&G, GE, Novartis, Nestle, AT&Tあたりですね。多分、テック系じゃなさそうだから、そうなるとメーカーですね。でも、たどり着いた結論はJustineとほぼ同じであるあたり、狙ってきた道は正しかったと思います。

 

なお、プロフィールで Executiveと言ってますが、これはちょっと怪しい。笑

なぜなら、外資系だから。俗にいう事業部長クラスなのか、ただのカントリー担当者かで結構求められる英語力の次元も変わるんですよねぇ。

 

andrew-sg.hatenablog.com

 

元々、美人な女性を追いかけるBlogだったのに、気付いたらかなり真面目なキャリアBlogになってきていますw正直、外人美女と付き合うのはかなり至難なんです。。。

 

海外ナンパアカウントや駐在ナンパアカウントで、その国の上流階層をナンパできている人はほぼいなくて、いわゆる観光地で出会った白人ナンパとか、クラブらへんに出向いてきている現地のギャルを相手にしているのが現状なんです。要は、新宿のキャバクラ女子を相手にしている感じw丸の内勤務のOLには相手にされていない。

イメージです。知る限り、少なくともシンガポールはそうだと思います。日系駐在員の話の多くは、Tinderであった日本好きのシンガポリアンとかで、察してしまいますw


あとはナンパブログ見ればわかるけど、イケてるシンガポール人がいく場所じゃないケースがほとんど。

 

Justineもこれまで戦績が4回ほどあるのですが、どれもHにまで至っていません。

  • グローバルのPEファーム(日本にもオフィスがありましたが、かなりマイナー)で勤務しているインドネシア系シンガポリアン
  • UBS証券勤務のグローバルマーケッツで働いている中華系シンガポリアン
  • Facebook社勤務のアカウント営業のコリアン
  • 世界No.1の広告代理店勤務のシンガポール

みんな国際経験があるから、Being differentであることに対して寛容なんですが、それと同時に、同じ土俵にいないとBoyfriend ZONEに入れません。面白いって言ってくれるんですけど、それは好奇心を満たす意味での面白いであって、男として面白いじゃないんです。。。マジでハードルが高い。当たり前だけど、学歴があってちゃんとした職業についている美人は希少種な訳です。

 

日本人であることの価値のなさを実感します。が、ここからどれだけ巻き返せるかが2020年のドラマになります。

 

海外でも通用する男になると誓ったからには、負けません。

 

もっと筋トレの頻度を上げていけるように、仕事の効率を上げていきます!!

 

Happy valentine.